投資と酒と女 ベンチャー支援社長日記
都内で月に1回、『投資家勉強会・交流会』を開いております。 ベンチャー投資の近況と役立つ知識と優良案件情報、投資に役立つ情報などをご紹介しております。お気軽にご参加下さい。
プロフィール

マリオ君

Author:マリオ君
初めまして!マリオ君こと阿部です。
仕事は有限ですが会社を経営しています。
営業内容はIPO支援、ベンチャーキャピタル、投資コンサルタントです。
都内で月に1回、『投資家勉強会・交流会』を開いております。
ベンチャー投資(IPOなど含む)の近況と役立つ知識と優良案件情報(キャピタルゲイン狙いの案件・インカムゲイン狙いの案件)、その他投資に役立つ情報などをご紹介しております。お気軽にご参加下さい。

お酒が大好物で夜はもっぱら行きつけの居酒屋やスナックに出没し、最近は芋、麦、蕎麦、黒糖・・等、焼酎呑みながら旨いもの食べるのが、一日の締めくくりです。
後、カラオケもかなりのものだと自負(?)してます。
飲み屋の女の子を口説くのも大好きかも?!?!
最近天気さえ良ければ、もっぱら釣りに出掛けるので年中ガン黒(?)です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投資ファンドってホントに儲かるの?!
此処半年くらい、中期的な視野で見れば日経平均は上昇の一途!!

勿論、例のライブドアショックで此処一月近く、国内株全体が乱高下しいてたけど、やっと此処に来て日経平均も16000円を回復して、今後は又上昇基調に戻り、年内にも18000円はつけると見ている。

★先週、特にマザーズ関連が全体的に売られすぎた感じで、大暴落した銘柄が多かったけど、ある意味”絶好の買い場”であったわけで、そこで業績が比較的安定或いは今後伸びが期待できる企業を株を拾った勇気ある投資家は今後暫く良い思いが出来そうだよね!

さて、この原則株高基調の中、投資ファンド(信託)の実績も最近良くなって来ており、昨日の日経に出てた投資信託運用成績を見ると、基準価格(元々は10000円からスタートしたもの)が大体、10000円~11000円程度(中には12000円、13000円クラスのモノも幾つかあるが・・)のものが多い様だなので現状では全体的にプラスと言える。

唯、皆さんは覚えられてるだろうか?

日経平均が10000~12000円程度を推移していた、2003~2004年頃、投資信託の成績は惨憺たるモノで、殆ど9割以上のファンドの成績がマイナス、詰まり定期預金感覚でファンドにお金を入れてたら、”知らない間に元本割れ”なんて事にも成りかねなかった時期があった事!

中での大手証券会社が鳴り物入りで売り出し、確か投資家達から一千億を集めた●●戦略ファンドで、なんとその価格が5000円迄下落して・・
詰まり投資家達の資産が半分に成ってしまった時期があった事!!

その他、粉飾問題で破綻したエンロン社債に投資したため、これ以上堅いファンドは無いとまで言われていた、MMFでさえ、元本割れを起した事など。。

要するに、投資ファンド(信託)はあくまで投資家より集めた資金を元に、株式や社債その他の投資案件に投資し、そこで利益が出た場合はプラス配当に成るが逆に損失が出た場合は、元本を割ると言うこと!

意外とこうした基礎的な事を理解せずに営業マンの言われるがままにファンドにお金を入れてしまうなんて方も結構いるんじゃ無いかと思うんで、今一度再認識された方がいいと思います。
★要するにファンド(信託)は、必ず儲かる訳では無く、運用益が出た場合に限り配当がプラスされるものであり、マイナスもあり得ること。
決して定期預金感覚で考えてはならないと言う事!!

さて、そうは言っても、本当に利益が出る(出来れば高配当で)モノがあればそれに投資しない手は無いと思うしね。
★こないだ、偶々ある銀行で普通口座の記帳をした際に僅か21円の入金(?)があり、一体何かと思ったら、”利息”と書かれていてビックリ仰天! 自分はリスク管理の為、講座を複数に分けていて偶々そのこう講座には500万弱が入ってたから、その利息比率は・・・
21÷500万×100≒0.0004% 
なんと10万分の4、要するに殆ど”0”って言う事!

改めて銀行口座がまったくお金の殖えないモノと再認識するとともに、如何に銀行にお金を眠らせて置くことが無駄であり、もし本当に高配当で良い資産運用法があればそちらに活用すべきと思ったね。

そこで今後新たに”投影ファンド研究会”を立ち上げる事にしました。
自分は元々ベンチャー企業支援の一環で、ベンチャー投資セミナーを主催、自ら出資する先のベンチャーのご紹介も行って来ましたが、やはりそれと平行して、比較短期間(半年~1年程度)利益が確定できるインカムゲイン狙いの投資案件について考え、同時に、自らも出資する様な高配当(または高利率)の投資案件を厳選して皆さんにもご紹介します。(基準は年利20%以上、中には100%近くのモノも!運用実態が明確で投資家向け情報開示のシッカリしたモノばかり限定で!!)

★まず、第一回を今週の土曜日(3月4日)に開催します!

会の内容詳細(紹介案件含む)や開催日程に関しましては、以下よりお問い合わせ頂いた方にのみお知らせする事とさせて頂きます。
  《投資ファンド研究会問い合わせ》
★問合わせの場合は”投資ファンド研究会情報希望”と書いて下さい。

毎回の参加人数は少数限定(10名程度)とさせて頂きますので、興味ある方はお早めにお問い合わせされる事をお勧めします。。。


スポンサーサイト
三寒四温
今日も、昨日に引き続き自分の地元(千葉県北西部)は寒々として居ます。

但し、今週の火・水は完全に春を思わせる暖かな日で、特に水曜日に都内に出た時は、背広の上着を脱ぎたいほど(確か20℃近い気温)の陽気でした。

昔から言われるよう、冬から春に切り替わるこの時期は”三寒四温”つまり寒い日と暖かな日が交互にやってきて、そしてやがて、ポカポカしたそして皆が待ち望んだ春がやってきます。

所で、最近の株式相場は全体的に冷え込んでる様で、特にライブドアショックの後遺症もある為か、新興市場のIT関連企業株は皆、下落するといった弱い相場になって来ています。
(昨日の日経平均は15,713円まで下落!又、マザーズが総崩れ状態!)

只、長期的な展望からすると此れも精々、続いて一月程度とも考えれれますので、考えようによっては今こそ”最高の買い場”とも捕らえられます。

投資家の皆さんはどの様に判断されてますでしょうか?

勿論、決算内容の思わしくない企業の株は除外すべきですが、シッカリ収益が出ていて、又、中期の売上・利益予測値が上向きの企業が有ればこういった時にころ仕込むべきかと自分は考え、今、対象企業を抽出すべく検討中です。

季節同様、株式相場も冷え込む時期もあれば、逆に高騰する時期もあるものですので必ず近い内には反発して、それを切っ掛けに投資家達は売り気配から買い気配に一転! その後は必ず高騰する場面がやってくると考えてる訳です。

大規模なテロや大惨事でも起きない限り、今年の相場は上がり基調と読む経済学者やアナリストが殆どで、何れは日経平均が18000円も抜けるだろうと予測される中、後はどのタイミングで仕込むかで、各投資家の利益幅が違って来るのでは無いでしょうか??
成功プログラムのウソ!ホント?!
最近良く、成功法則や成功プログラムの話題が上がったり、交流会の場にそうしたプログラム営業目的の人を見かけたりするけど皆さん如何ですか?

確かに、そういうプログラムの内容を見てみると、”なるほど”とか”こういう考え方をすれば・・”と言った気付きや再認識をさせられる部分が多分にあるので、自分としては、プログラムそのものを否定する気は毛頭ない!

只、ある友人から聞いた話だが、そうしたプログラムの本家本元であるアメリカ合衆国では、全く同じプログラムを精々$1000~2000も出せば買う事が出来ると聞いて大きな矛盾を感じた。

詰まり、元々10数万を出せば買えるプログラムが日本では100~150万で売られてる現実を知れば誰でもおかしいと感じる筈なので・・・

実はそういう自分も、以前、知人の紹介で都内中心にある立派でお洒落なビルにオフィスを構えるそうした成功プログラムを販売する業者(代理店)を訪問した事がある。

当日はそこの社長と面談し、同席した紹介者の面目もあるので、結局は大枚100万円のプログラムを即決で購入した。

その後、何度かフォローセミナーの様なモノに通ったが、自分家から片道1時間半掛けて通う事は多忙な自分にとって無理があり、又運悪く、車に置いておいたプログラムのCD数枚を車上荒しに盗まれてしまった為、その後は一切もうプログラムのケースも開けてないし、フォローセミナーにも参加していない。

因みにそこのプログラムキットの内容は確かCDが30枚位と百科事典みたいに重たいテキストが確か4冊位とそれを入れるやたらと立派なバッグで構成されていて、量産ベースで考えれば、その製造コストはCD一枚あたり1000円弱、本も一冊2000円程度、バッグで約3000円と言った所で、
合計でも5万もあればお釣が来るはず!

それを100万とかで売るのだから、ビジネス的には中々良い商売だし見方を変えれば悪徳ともとらす可能性すらある。

此れまで、自分は仕事繋がりでそうしたプログラムの代理店数社の社長にお会いして気付いたのだか・・その大部分が元MLMのトップで年収数千万から数億を稼いでいた連中で、またその様なプログラムの流通の仕方が、正にMLM同様に口コミで愛用者からの紹介という形をとっている場合が殆どで、交流会に来て営業してる連中も元々はプログラムの愛用者達なのだ。

この構図から、詳しい配分は知る由も無いが、要するに元々工場出し値
(製造コスト)5万程度のモノを流通する為に、紹介者に多額なマージンを支払ったり、フォローセミナー代という名目で見かけ上の付加価値を乗せて値段をつり上げたりする事で異常に高い価格設定に成ってるのだろう!!(中でも代理店マージンの比率が圧倒的に高いかかも?)
★自分も昔は多少MLMをかじった事があるが、やはり似た様な価格構造(コスト1千円のモノが末端1万五千円とか・・・)に疑問を感じ、又、何時まで経っても収入の取れない人が9割以上居る事に後ろめたさを感じて比較的短期で辞めた。

勿論、中にはそうしたプログラムを自分の行動に取り込んで、シッカリとビジネスで成果を上げてる方も居るだろうから、そういう人たちにはたとえ100万でも150万で必要経費として考えれば良いかも知れないが、MLMの場合もそうである様にプログラムに参加した人の大半はそこに投資した100万からの費用の回収は何時まで経っても出来ないか、或いは精々、そのプログラムの営業活動で得られる販売マージンをとって元を回収するの事が多いのではないか?

最近、健康食品にしても、耐久財(浄水器とか布団とか・・・)にしても大概のMLMで流通させる製品が一般消費者に飽きられて来ており、
又、同様な製品が一般にもっと安い価格で売られる(例えばホームセンターでも・・)様に成った為、今までのMLMでは稼ぐ事が出来なく成って来たトップディストリビューターたちが最後の手段とばかり、
”成功”自体を売り物にし、尚且つそれを流通させて得られた収入で自分自身も”成功”出来るといった巧妙に仕組まれたビジネスモデルで市場に仕掛けてるのがこうした”成功プログラム”では無いだろうか??

ですから、皆さんもそうしたプログラムやセミナーへのお誘いを受けた場合も上に書いた事を思い出し、安易に高額な”成功願望”の誘惑に乗らない方が良いと思う。

こと、ビジネス(事業)の成功に関して言えば、”マーケットリサーチの能力”、”仕掛ける為の戦略やビジネスモデル”、”事業に対する強い執着力と粘り強さ”さたにに大切なのが、”自分自身の人格とそれを支えてくれる本当の仲間”これ等が揃えさえすれば、必ずその人は成功できると思います。

詰まり成功プログラムで教わる”考え方”や”行動の仕方”だけでは無く、更にもっと実践的な部分での”ビジネスの進め方”や”人間関係の構築の仕方”の方がより重要に成ってくると思います!!!
此れまで数々のベンチャー企業の経営者にお会いし得た此れが私なりの結論です。

もしそうしたお話の続きが聞きたいと思われる方は、内主催で開催してるベンチャー投資セミナーにいらして下さい。

では皆さんも是非皆頑張って成功を目差して下さいね!!!
★其の過程で自分が何かのお役に立てるかも知れませんので。。
[READ MORE...]
今日すべき事は今日やる!決めた事は守る!!
今日二つ目の日記。此処の所、暫く書いてなかったので・・

さて、人間は元来怠惰な生き物で、今日やろうと決めた事でも、ついつい明日に延ばすなんて事無いですか?
皆さんは如何ですか??

自分の場合、自己管理の意味で、常にスクラッチペーパー(不要なコピー用紙の再利用ですが・・)で作ったメモ用紙(A4版の半分だからA5版か?)を持ち歩いており、其処に当日行う業務をリストアップし、終わったものからチェックして居るんだが、ついつい欲張って、オーバープラン気味に成る事が多く、PM11:00までやっても終わりそうに無い仕事があるとついつい翌日に先送りして仕舞ってる。

只、其の安易な習慣が身についてしまうと、少しだけがんばれば当日終わりそうな仕事でも翌日に延ばす様に成ってしまい、結果として仕事の進捗が遅れる事に成って仕舞い、後になって後悔する事もしばしば・・

此れに対して友人のmakoさん(mixi仲間でもあり株式会社イー・ジー・ジャポン代取CEO)の場合は全く違う!

実は内のホームページは彼の伝でリーズナブルで技術的にも優れている業者に御願いして作ってもらった経緯があり、その際には色々とmakoさんにお世話に成ったと共に、その後もホームページの管理は彼がやってくれている。

そして、時々更新を御願いしてる訳ですが、彼はそれを快く引き受けてくれ、しかも其の作業を御願いする時間が夕方以降成ってしまい、もし其処から仕事に仕掛かったら間違いなく徹夜になりそうな場合でも、必ず其の晩のうちに仕上げてくれるので、とても助かってると共に、正直
恐縮している次第!
日頃から彼には心から感謝してると共に本当に信頼できる男だと思っている!!

彼は本業以外に、現在、付加価値創造勉強会(わるだくみ勉強会を主催しており、確か先月の勉強会の中で”男気”とは何かという命題が出され、参加者皆から色々な意見が出てきたが、彼の回答は意外な事に『決めたことは必ずやり遂げる!約束は守る!!』というものだった。

恐らくそれは”彼の生き様そのもの”なのでは無いのかと思う!

此処で敢えて暴露するが、彼は此れまで40数年間の人生は正に波乱含みで実は、彼は以前企業舎弟つまり極道だった時期がある。

自分は正直ヤクザは大嫌いで、確か6~7年前、今の会社をやる前に、ゲーム機のリースを行っていた事があり、彼方此方にゲーセンや書店、レンタルビデオ屋等に、パチスロやパチンコその他キャッチャー類を結構な台数置かせて貰っていた。

其の頃ある田舎のレンタルビデオ屋に置いていた数台のパチスロに目をつけた地元のヤクザから、一台で数千円で合計一万幾らかの金を払えと
脅迫じみた要求を突き付けられた事があった。
当時、売れ筋だったパチスロの機会だったので、それを無視して壊されても困るし、かといって其のまま言う事を聞くのは悔しいし、色々悩んだが、結局謂れの無い金を如何してそんな見も知らないヤクザにくれなきゃ成らないのかと思うと無性に悔しくなって、結局は地元の警察に相談し被害届けを出した。

その後、警察が早速動き出し数日で其の男は逮捕!!
何でもそのヤクザは執行猶予中だったらしく、告訴取り下げを嘆願する手書きを弁護士通して送って来たり、挙句の果てにはそのヤクザの親戚のものと名乗る男から告訴を取り下げて欲しいとの電話まで掛かってきたが、自分は『そのまま許しても、又同じ事を繰り返すに決まってる!もし其の男がヤクザを辞めるなら告訴を取り下げても良いいが・・』と答えた。

結局そのヤクザは足を洗う事を拒否し其の侭、実刑を食らって、2年弱塀の中に入ったと聞いている。
★その際にお世話に成った地元警察の刑事さんとは今でも仲良くさせて頂いている。

自分は、自分で言うのもなんだが、結構正義感が強いほうで、勿論ヤクザは未だに大嫌いなんだが・・・makoさんにお会いして、何か極道に対する考え方が少し変わって来た感じもしている。

先にも書いたが彼の事は信頼しており、又、波乱の人生を歩んできた彼だからこそある”厚みのある人格”とでも言うか、兎に角、彼が持つ”引き出しの多”さには驚かされると共に尊敬にすら値する!!

こうしたmakoさんに興味のある方は是非、 彼主催で2月23日(木)に浅草で開催される勉強会に参加されては如何だろうか?
恐らく、他の内容の薄い交流会とは全く異なり、必ず何か学ぶものがある筈だし、何よりも本音で話が出来る仲間を増やす為にも絶好の機会だと思うし。

それと、実は自分はmakoさんの会社の大株主であり、つい最近追加出資した事もあって、持株比率的にはmakoに次ぐ2番目の大株主と成っている。(社外役員で同社顧問にも成っている。)

自分が此処まで出資してる理由は、先ず過去半年間の売上推移に注目すると、非常に順調で連月で各月の売り上げ予測を上回って来ている事!
又、月ごとに売上も右肩上がりである事!が上げられる。
★やはり投資先企業を選ぶ際に最も注目するのは収益性なので!!

そして同社の持つシステムは競合他社では真似の出来ない優位性があり今後も確実に収益が伸びて行くだけの充分な競合性があること!

そして何よりもmakoさんのもつ”必ず株式公開を必ず実現しよう”言う強い意志と行動力、そして彼の人間性なども総合評価して、自分は”此れは間違いなくいける!”と感じた為です。

実は、同社は現在追加で出資者を募集してるので、もし興味のある方がいらっしゃったら、 2・23(木)のわるだくみ勉強会の場でmakoさんや自分に相談頂いても良いですし、或いは内のHPから問合せいただいても構いません。
但し一番良いのは、2月18日(土)に予定されている内のセミナーで、直接makoさんのプレゼンを聞かれるのがベストだと思います。。

未公開株投資を本音で語ろう!!
先日、未公開株を扱ってる業者の営業から営業の電話が掛かってきた。

『日本○○スト証券の上場が決まりました!今なら一株45万で株が出せますよ!!』と言うお決まりの営業トーク。

いかにも若造な感じがしたので、一寸苛めて依ろうかと、幾つか質問。

”未だ、ヤフーファイナンスの公開企業リストに上がってないんだけど、一体、何月何日の上場予定なの?”と質問。
『未だ、リストには上がってないですが、近いうちらしい(?)です』

”後、45万と言う価格をつけた根拠は何?”と追加で質問。
『投資のプロの方が決めた価格みたいです。』と答えが返ってくる。

其処ですかさず、”実は自分も投資のプロなんだけど、如何見ても其の価格高すぎるんじゃないの?”と言い。
ついでに”お宅は一体、株の価格が何で決まるの分ってるの?”続いて、”大まかに適正株価とは、一株利益とPERで決まるんでしょ!?”
”以前、自分が日本○○スト証券の株価を試算した事有るけどせいぜい30万程度にしか成らないから、45万じゃ明らかに割高だよ!!”

自分が此処まで言い切ると相手はもう何も反論できずに『失礼しました!』と言って電話を切った。

≪ご参考:日本○○スト証券の株価試算≫
同社の2005年3月期決算より、一株利益=13,435円
   最近上場した証券会社の平均PER≒25倍
従って、適正株価=13,455円×25倍≒33.6万円

≪類似企業PERデータ:ヤフーファイナンスより≫
今期予想PER (2005/1/13現)
8613  丸三証券 49.1 倍(連結予想)
8614  東洋証券 20.6 倍(連結予想)
8622  水戸証券 27.5 倍(単独予想)
8624  いちよし証券 26.2 倍(連結予想)
8625  高木証券 17.0 倍(連結予想)
8696  SBI証券 25.4 倍(単独予想)
8700  丸八証券 30.5 倍(単独予想)
8706  極東証券 25.8 倍(連結予想)

最近、この様な未公開株業者(ブローカー)からやたらと営業電話がかって来るようになったが、皆さんは如何でしょう?
★こうした業者は所謂投資家のリスト(名簿)を見て営業の電話を掛けてきてやたら”美味しい話”ばかり持ちかけて”割高で”未公開株を薦めて来るが、その営業担当者自信内容を全くといって良いほど(9割5分)分っておらず、恐らく上司の言うままに(単なる兵隊となって)営業してるに過ぎないと思う。
★友人のmakoさん(mixi仲間でもある)のブログにも書いてあったけど、最近は商品先物取引業者からもしつこい営業の電話が掛かってくるけど、運営してる会社はまあ似たようなモノでしょう。

只、こうした業者の多くは日本○○スト証券のような多くの業者が同時に扱ってる案件が殆どで、概して株価が割高で、投資先企業が上手く上場できたとしても、利益が取れるどころか損失が出る可能性が有り、又
中にはいい加減な業者も多く、株を売りつけたら其れで終わり!後のフォローをしなかったり、突然倒産する様なところも有るので、トラブルの元だし、第一それだけ多くの業者を通して、株を出してしまうと、其々の株の行き先(末端株主)が把握できなくなり結果として、紛失株が出てきて上場が延びてしまったりするリスクも高いので要注意!!
★要するにそうした怪しい業者から電話が来ても無視するのが一番!!

これに対し内の場合は原則、内自身が発掘し、厳選・精査の末残った本物の有望ベンチャーだけ取扱ってる点が大きな違いと自負してる。

そして、先ず自らが大株主として出資すると共に、怪げな業者には一切株を出させない様ににウォッチングしている。

最近、インターネット上で未公開株に関する悪い噂が飛び交っていて、例えばヤフーで未公開株をキーワードに検索してもらえれば、所々”未公開株業者に被害を受けた”とか、”営業の電話には注意”が必要といった記事がチラホラ見受けられ、正にそうしたトラブルは上に書いたような悪徳な業者の仕業に他ならないと思う。

只、内もベンチャー企業支援がメインの目的であるにしろ、切り口が”未公開株”でとらえられた時にはそうした悪い輩と同一視される事があるのは甚だ心外である!!

又、ネット上で、悪い噂が飛び交ってるせいで最近は未公開株全てが危険であると勘違いする投資家が増えて来たことも残念と言わざるを得ない。

冬の風物詩であるフグに例えて言うなら、悪徳業者の扱う未公開株は”毒抜きのされれないフグ”であり、食べると中毒する確立が高く、それに対し内で扱うベンチャー投資案件は、キチンと資格を持つフグの調理師(又は処理師?)が処理を施したフグであり、まず中毒の心配は無いいと言えば分りやすいだろうか?
★そういえば、以前makoさんに連れて行ってもらった浅草雷門近くのフグの専門店、価格はリーズナブルなのに、味は最高!!テッサ、から揚げ、フグちり、更に雑炊で仕上げても、一人確か4000円程度!!!
ヤッパリ冬の食べ物なので、近い内に誰かと食べに行きたいと思ってる。

最近は日経平均が上がり調子で、公開株に積極投資される個人投資家が増えて来ましたが、皆さん如何でしょう?儲かってますか??
最近、自分は知合いの相場師(自己資産数十億?)にレクチャーを受けて此処に来て漸く常勝のコツが少しばかり見えてきましたが、恐らく大多数の個人投資家はデイトレの様な短期売買をされるので、利幅が小さいし、逆にやられることも多い筈なので、それ程儲けてる方は多くは居ないのでは?
(某大手証券会社の支店の顧客3000人の内、年間を通してプラスになる人は僅か22名、詰まり0.7%に過ぎないというデータも有る程です。)

其処で、最近はIPOを狙って投資する個人投資家も多いようですが、実際に公募(売出含み)の抽選で当る確率は極僅か!これも実は証券会社の裏事情(大口顧客に優先して公募の株を優遇)が有る為今後も中々改善の見込みは無いでしょう。

其処で、もし皆さん個人投資家の方が、IPOで大きな利益を望まれるのなら、本当に有望で短期間で収益が望めるようなベンチャー企業の未公開株に投資する以外に無いのではと考えて居ます。

もし、こうしたスタンスでのベンチャー企業投資に興味のある方は是非、内主催のベンチャー投資セミナーにいらしてください。

其処では未公開株投資で知っておくべき常識を本音でお話させて頂いてますし、又、内が支援してる有望ベンチャーの社長自らプレゼンも行って頂いてますので、正に他には無い充実した内容である筈ですので。。




オリジン戦争の結末
前回の日記から可也、日にちが経ちましたが・・・

さて前回のテーマだったオリジン戦争ですが、やはり高めの株価でTOBを掛けた(ドンキー:2800円/株 VS イーオン:3100円/株)イーオンに軍配が上がりドンキーの買収劇の膜が閉じた模様!

当然と言えば当然の結果ですよね!
投資家達も出来るだけ高く株を売るに決まってるから。。

今回の日記はさらっと終わります。

その代わり明日あ読ませる日記書く積りですのでお楽しみに!!

さて、其れではこれから地元の仲間と飲み会なので失礼します。。。
オリジン戦争!?
昨日、ニュースで話題に成っていたオリジン弁当を展開するオリジン東秀(株)へのTOB(公開買い付け)合戦!!

最近本当にこういった企業買収騒動が次から次へと話題に上がり、目を離せない状況だが、どうも今回はオリジンの現経営者と創業者の間に経営方針や事業展開に関する考え方の相違や隔壁が生じ、そこで創業者一族が所有の全発行株数の約30%を締めるオリジン株をドンキホーテに売却した事から起こった模様。

その後、ドンキホーテはオリジン買収の為市場より追加20%以上の株取得を目論み、2800円/株でのTOBを仕掛けた。(敵対的買収)
★只、ドンキホーテは此れまで、住民とのトラブルなども多く要注意。。

其処に今度は構内の小売最大手であるイーオングループがホワイトナイト(白馬の騎士)よろしく、3100円/株で対抗的なTOBを仕掛け、オリジンの現社長も此れを歓迎した。(友好的買収)
★さてオリジン戦争の行方は??要注目!!!

今正に、国内経済は米国に勝るとも劣らない買収ブームになり、さながら”戦国時代”の”国取り合戦”を見ている様でハラハラしますね。

そういえば昨夜、日テレ系でドラマ”戦国自衛隊”がやってたので、自分は事務所のパソコンで内のHPの更新作業をしながら見てました。
(業務報告:マイミクのmakoさん、長らくお待たせしてすいませんでした。昨夜何とかHPの文章の更新して送りましたのでご確認下さい。今後ともよろしく御願いします。:以上業務報告)

ドラマの方は結構面白かったので来週も又後編を見よと思います。。。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。