投資と酒と女 ベンチャー支援社長日記
都内で月に1回、『投資家勉強会・交流会』を開いております。 ベンチャー投資の近況と役立つ知識と優良案件情報、投資に役立つ情報などをご紹介しております。お気軽にご参加下さい。
プロフィール

マリオ君

Author:マリオ君
初めまして!マリオ君こと阿部です。
仕事は有限ですが会社を経営しています。
営業内容はIPO支援、ベンチャーキャピタル、投資コンサルタントです。
都内で月に1回、『投資家勉強会・交流会』を開いております。
ベンチャー投資(IPOなど含む)の近況と役立つ知識と優良案件情報(キャピタルゲイン狙いの案件・インカムゲイン狙いの案件)、その他投資に役立つ情報などをご紹介しております。お気軽にご参加下さい。

お酒が大好物で夜はもっぱら行きつけの居酒屋やスナックに出没し、最近は芋、麦、蕎麦、黒糖・・等、焼酎呑みながら旨いもの食べるのが、一日の締めくくりです。
後、カラオケもかなりのものだと自負(?)してます。
飲み屋の女の子を口説くのも大好きかも?!?!
最近天気さえ良ければ、もっぱら釣りに出掛けるので年中ガン黒(?)です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近感心した著書&ベンチャー投資の意義
先日、10月28日に恒例のベンチャー企業vs投資家交流会を開催した際ある著書を紹介しました。

その著書は、『成功する投資力の伸ばし方』というもので

副題としては、
●わずか3年間で14億の不動産を獲得!
●年収150万円から、年間家賃収入2億円へ

  と非常に強いインパクトに惹かれて早速ネット購入したものす。

著者は泉正人さんで、現在、日本ファイナンシャルアカデミーの代表をされています。

あらすじとしては・・・

★彼は若い頃、雇われ美容師を行い、休みは週一のみで毎日13時間も働いても月収にして12~13万に過ぎなかった。

★それが、偶々その美容院で出会ったある人(会社を経営して、且つ投資家でもある人物)と出会い、お金持ちに成るための考え方を学んで行くうちに、IT(ネット関連)企業のサラリーマンになりパソコンやインターネットの専門知識や顧客との折衝方法(営業のコツ)を覚えた。(其の頃の年収400万程度)

★その後、仲間と独立してITベンチャー企業を立ち上げ、主に輸入品の高級家具のネットショップ販売を行い一年で年商1億円にまで成長させた。(其の頃の年収1000万円)

★並行して自己投資(お金を増やす為の知識を身付ける為)してセミナーなどにも足しげく通う。

★『自己投資は一番効率の良い投資先で、何より先ず自分に投資すること。勉強すること学ぶことに投資した方がリターンは間違いなく一番高いものに成る。』との信念に基づき、彼は日本ファイナンシャルアカデミーを開設し会員を集めてセミナーやスクールを開催して彼自らもそこで学ぶ。

★日本人が投資にまわすお金は金融資産の僅か14%で、アメリカの56%、ドイツの37%、フランスの40%と比べて明らかに少ない。
この様に日本人が投資にあまりチャレンジしないのは、公教育の中でちゃんとしたファイナンシャル教育を受けてないからだと考えられる。
(現在、終身雇用や年金に頼らずに自分でお金を増やす事が必要に成りつつあるのだが…)

★もしお金の増やし方を知らなければ、まるで”ランニング・ホイールの中で走り続けるハムスターの如く、歳をとってからも、それこそ一生走り(働き)続けねば成らなくなる筈なのに…

★資産を作るのは、雪だるまをつくるのに似ている。雪だるまは最初、手のひらに乗る様な小さな玉だったのが、これを地面に下ろし積もった雪の上で転がし、だんだんと大きくしていく。
そして大きくなるにつれて加速度的にますます大きくなって、やがて一人では動かせないくらいになる。

★但し、投資(資産運用)する為には、雪だるまの芯に相当する”種銭”をまず作ることが先決!詰まり、『貯蓄なくして投資なく、利殖なし!』

★お金を生むものが資産、生まないものが負債である事を再認識すべきである。 例えば、不動産(家やマンション)に投資した場合に、他人に貸し出せば家賃収入が入る為それは資産になり、単に自分で住むならば出費だけが発生するので負債になる。

★資産にはローンを組んでもいいが、負債にはローンを組んではいけない。つまりお金を生まない「負債」は手持ち現金でのみ買い、お金を生み出す「資産」についてはは借金してでも買う!
(此処が非常に重要なポイントで、要するに資産に投資する再に
レバレッジ(梃の力)として銀行からの借り入れを使うべきという考え方に結びつく。)

★例えば、一億円の不動産(家賃収入目的)をローンを組んで買い、月々の家賃が100万円で返済が50万円だとすれば、細かい計算抜きにして凡そ50万円が手元に残る計算(利益の発生)

★勿論、不動産投資する前に学ばねばならない知識や経験から得られる智恵などが備わっていて、リスク回避が十分行なえる事も重要なので、事前の勉強や、いざと言う時の助言者(メンター)のの存在も重要。

★この様な考えに基づき、彼(泉さん)は、先ず手持ち資金700万
でワンルームマンションを購入した事を皮切りに、以降は銀行借入(レバレッジ)も活用して3000万円のマンション、・・・・と段階的に
買い進めて、何と3年間で不動産総額14億円、年間家賃収入2億円、そこから返済分、管理費、修繕費などを差し引いてた後の利益は年間6000万(月々500万)というお金持ちの仲間入りをした。
◎要するに『本物のお金持ちとは不労所得で高額で毎月安定したキャッシュフロー(利益を)得られる状態にある事』と考え、自分自身もそれを目指しています。(最終目標は不動産収入中心にもって行きたい!)

詳しくは、是非その著書を読んで頂きたいと思いますが、以上のあらすじにある様に、資産家(お金持ち)に成るための考え方やエッセンスが其の中には満載されてる点に自分は感心し多くの共感を得ました。


ところで、此処最近のIPO実績に注目すると、この10月に新規上場した15銘柄の公募価格に対する初値の倍率は平均で1.2倍程度、其の内3銘柄は公募割れ(初値倍率が1.0を割り込む)状況にあり、やはりライブドア事件以降に新興市場の冷え込んだの今ひとつパッとせず、運よく公募株を当てても以前の様な大きな利益が期待できない状況になって来ています。 (”公募で投資すれば儲かる!”神話の崩壊!?)

今後、IPOに絡んで大きな利益を得るには公開より可也以前、立ち上げ間もない時期に真の有望ベンチャーを早期発掘してリスクを意識しながらも早い段階から出資して数年後の株式公開実現時に莫大なキャピタルゲインを狙う以外には難しいと考えます。

現在、IPOを目指し活動を進める“本物の有望ベンチャー限定”のコンサルティングを行う弊社が コンサル先の有望ベンチャーと皆さん個人投資家をマッチングする為のお見合い交流会を開催しています。
★このイベントは飽くまで支援先ベンチャー企業の事前承諾の上で、個人投資家の皆さんとのマッチングを行い、縁故での出資募集をさせて頂くものです。

是非、多くの投資家様の参加をお待ちして居ります。
スポンサーサイト
IR情報提供の心得・投資家の心得
先日、ベンチャー企業のIPOコンサルを専門にやってる方と面談する機会が有った。

実はこの方は、以前、内が主催するベンチャー企業VS投資家の交流会に参加されその後、アドバイスを頂く為、お会いする機会を持たせて頂いた。

其の方の得意分野は上場に向けての管理体制構築とそれを定着させるための内部統制監査、ガバナンス整備、審査対応訓練など。
又、其の前段階での社内規定作成・上場審査書類作成、IRプレゼン資料・会社案内・アニュアルレポートの企画最作
なども行なわれ、支援先としては、年商30億以上で後一歩で上場できそうな会社から、年商数億~10億程度のマダマダ会社内部体制が荒削りの会社まで様々だそうです。
★基本的には、社長がまじめで真剣に上場を目指してるが、成長速度に内部体制が付いて行って居らず、体制を整えれば上場も視野に入りそうな会社なら支援を行なうそうです。(既に支援先の公開実績もあり)
その方から、現在弊社が行なってるベンチャーと投資家の交流会の感想を改めて伺ったところ、”事業計画や収益予測(中期計画)の提供、更にそれに基づく投資家に提示する割当株価の値付けはそれなりに妥当かと思われる。”と評価を頂きました。

其の一方、プレゼンを行なうベンチャー企業社長に対しては、 ”企業成長の社会的意義、会社が大きくなる責任や自分の欲を実現踏まえた上で、私募・公募・売出募集を問わず資金調達することと上場することの意味と責任を踏まえ、自分個人を押し付けない様なプレゼンを行なうべきだと思う。”との貴重なコメントを頂きました。

、”予想損益データだけでなく、過去の決算の際の損益計算書&貸借対照表の提示もお忘れなく。”とのコメントも頂き、今後私も今回のアドバイスを肝に銘じ、支援先企業への指導とIR情報の提供に勤めて生きたいと思います。

最後に彼の口から”上場株式でも未上場企業の株(未公開株)であっても、十分なIR情報を提供したうえで、各自の判断で投資をしたのであれば、それ以降は真剣勝負であり、結果が如何成ろうとも自己責任が原則なのでそれも各投資家に対して今一度、啓蒙教育することも大切”とのいコメントを得ることが出来た。

確かにコレまで、多くの個人投資家の方に弊社支援先ベンチャー企業への投資をご紹介しそれに賛同して下さった方からの暖かな資金をあつめる事が出来ましたが、やはり中には計画通りに事業成長が進まなかったり公開までの期間が先延ばしに成ったりする企業もある為、それに対して不満を漏らす方も居られますが、是非今一度、投資家としての心得を再認識して下さればと思いますし、また交流会の場で私からの啓蒙も今一度行なおうと考えてる所です。
未公開株投資は魅力的だけど、一寸という方へ
最近は、インターネット上でのバッシング、政府系各種機関からの注意喚起や警告、TVや新聞で取り扱われる悪徳業者の記事…などで、すっかり悪評ばかりが高まった未公開株
★ヤフーで未公開株を検索した結果は此方参照★

確かに、之までに無数の悪徳業者(ブローカー)が横行し、やたら電話営業を行いって、実際には未だ株式公開日程が確定してないベンチャーの未公開株を、”何時何時上場が決まりました!今買えば上場後に何倍にもなり帰ってきて儲かります!と言った事実に反する営業トークで、しかも如何みても割高すぎる価格で株を販売し、之までに多く個人投資家が被害を受けたと思われる。

こうした状況下、ベンチャー企業支援を行う弊社は、そのあおりを受けて、正直中々新規の投資家を募る事が難しく成っている。

此処で改めて弊社の活動の特徴をご紹介し、悪徳業者と一線を引く事を示そうと思う。

弊社の場合此処が違う:
1)自らも出資する支援先ベンチャー企業以外は紹介しない。
2)支援先ベンチャー企業は、優れたビジネスモデル&他社競合性を持ち、高い収益性も兼ね、IPOを目標に据えて活動する真の有望ベンチャー企業のみ
3)株式譲渡に関しては、役員会での事前承認や信託銀行からの不所持申出承諾等を経た正式な形でのみ実施する。
4)弊社では一切株の仲介販売は行わず、出資先ベンチャー企業と投資家を結びつけるコンサルティング業務に特化する。
5)株価は出資先ベンチャー企業が目論む割当株価や今後の収益予測等を総合的に考慮してて適正に価格設定している。


いかがでしょう?

恐らく之だけ厳正にベンチャー未公開株投資をご紹介してる所は先ず他には無いはずです。

弊社の目的は、今正に伸び盛りの有望ベンチャー企業がその成長過程で必要な資金調達のお手伝いを行う事であり、また、出資先ベンチャー企業に対してはその後のウォッチングや上場に向けた助言や専門機関のご紹介なども行ってより短期間に上場の目標をクリアする方向で総合支援してます。

もし、之までに未公開株に興味持っていたが、最近のニュースなどを見て手を拱いてる個人投資家の方たちには、是非知ってて損の無い情報を提供できると自負しています。

ですから、興味ある方は是非一度メールなどでご連絡下さい。

毎月行ってるベンチャー企業vs投資家交流会も好評ですので、是非一度いらしては如何でしょう。



試し釣り行きました
昨日は朝寝坊して起きたのが朝8時を回ったのですが、天気良かったので重い腰を上げ、今週土曜日に杉の子例会が行われる千葉県柏市(沼南町)の清遊湖に出かけました。

朝のシャワー浴びたり、猫の餌やトイレ掃除など雑用があるので、出かけるのが9時過ぎで現地には9時半過ぎの遅~い到着!

受付を済まし、前からやってみようと思っていた中央桟橋入り口近くでの底つりを試す。

昨日は祭日の割にはさほど混んでなく、釣り座を確保して暫く周囲の様子を見ると、余り竿が立っておらず、やはり大雨の2日後で未だ食い渋ってる様子。(この為か?異常に空いてるのは…)

清遊湖は食い渋りで宙が駄目なときは底に分がある事を経験でしってたので、益々底釣りに気合が入る。

16尺を継ぎ穂先から浮きの付け根まで40センチ程度で底が取れ(上ばりトントン)、さらに浮きを3センチ上にずらして仕掛けセット終了。

当日の食い渋りから、魚を早めに寄せる為、ペレ底100cc、マッハ50cc(予めかき混ぜ)、水70ccを入れて、10回程度軽くかき混ぜて5分放置した餌で打ち始める。

予想通りさわりが出るまで20分以上(15投くらい)掛ったがその後はなじみ際のサワリが毎回出たため、餌を小分けして、軽く手水を付けて数回押し練りしてややエアーを抜いて柔めにした餌を丁寧に丸め付けして打つと、馴染みきる直前(落ち込み)や馴染んで戻した後に半フシ程度のアタリが出るようになり、ポチポツながらつれる様になる。

又、噂で聞いていた通り、黄色身を帯びた底特有の尺上の大型が殆どで、深場から引き抜くのは正直容易でなく時々両手で竿を溜めねばならないほど!

午後からは多少食いが悪くなって型も落ちたが、朝の10時前から納竿の午後3時までに27枚を釣り上げ中には尺上のダブルも数回あり立ち上がらなければ取り込めない程の引きを堪能し、十分手ごたえのある試し釣りだった。



第三回ベンチャー企業vs投資家交流会やります
先月に引続き今月ものベンチャー企業と投資家の交流会を開催します。

ベンチャー投資に興味のある投資家の方、ある程度の余裕資産があり、その活用手段に迷われてる方、更には多少リスクがあっても高いリターンの期待を期待する方などには、特に興味深い交流会となりますので、是非多くの方達の参加をお待ちして居ります。
【会の趣旨】
・2006年7月中旬、既に3ヶ月近く継続してる世界的な株式市況の悪化など もあり、いよいよ日経平均は14,500円に迫る勢い、この脆弱な相場の中で 短期間に発生した含み損に多くの投資家達は絶望感を隠せないのでは?
・一方2006年中のIPO(新規株式公開)は180社に上ると予想され未だIPO ブームは堅調に進み、多くの投資家達は新規公開する企業の公募抽選に 半ば血眼に成って挑戦するが、中々抽選で当りを引き当てられず歯痒く 感じているのでは?
・現在、”IPOを目指し活動を進める本物の有望ベンチャー限定”のコンサル ティングを行う弊社がコンサル先の有望ベンチャーと皆さん個人投資家を マッチングする為、交流会を開催します。(他では出会え無い貴重な場!)
★弊社は飽くまで限定された支援先ベンチャーの資金調達支援コンサル
ティングの一環として活動し、支援先ベンチャー企業の事前承諾の上で、 個人投資家の皆さんと有望ベンチャーとのマッチングを行うものです。 よって最近問題になっている非常識な未公開株販売業者(ブローカー)とは一線を引き、法的にも問題の無い形の出資募集ですのでご安心下さい。

【日程・場所】
日程:2006年10月28日(土) PM6:00受付開始  PM6:30交流会開始
場所:東京芸術劇場 小会議室7(6F) 東京都豊島区西池袋1丁目8番1号
TEL:03-5391-2111 TEL:03-5391-2215
開場へのアクセスは、此方を参照: http://www.geigeki.jp/access.html
【参加人数】 定員20名まで

【開催内容】
●ベンチャー企業投資の常識、役立つ知識(毎回話題を変えます。)
●有望ベンチャー企業と投資家のマッチング(お見合い)交流会
ベンチャー企業の社長自らプレゼン行います。(一見の価値あり!!)
●その他(投資に役立つ各種情報)
【参加申し込み】
参加費:無料 但し、事前申し込み必須!(9・28(木)迄受付)
★申し込みは下記項目をすべてご記入の上メールにてお願いします。
1)氏名(フリガナも) 2)郵便番号 3)住所 4)年齢 5)職業 6)電話番号 (当日連絡取れるもの) 7)メールアドレス 8)参加する勉強会の種類・日程

メールでのお申し込み先:info@mariop.co.jp

《主催元》
有限会社 マリオ・プラニング
〒270-1143 
千葉県我孫子市天王台2-2-33第三青木ビル20
info@mariop.co.jp   http://mariop.co.jp/ 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。