投資と酒と女 ベンチャー支援社長日記
都内で月に1回、『投資家勉強会・交流会』を開いております。 ベンチャー投資の近況と役立つ知識と優良案件情報、投資に役立つ情報などをご紹介しております。お気軽にご参加下さい。
プロフィール

マリオ君

Author:マリオ君
初めまして!マリオ君こと阿部です。
仕事は有限ですが会社を経営しています。
営業内容はIPO支援、ベンチャーキャピタル、投資コンサルタントです。
都内で月に1回、『投資家勉強会・交流会』を開いております。
ベンチャー投資(IPOなど含む)の近況と役立つ知識と優良案件情報(キャピタルゲイン狙いの案件・インカムゲイン狙いの案件)、その他投資に役立つ情報などをご紹介しております。お気軽にご参加下さい。

お酒が大好物で夜はもっぱら行きつけの居酒屋やスナックに出没し、最近は芋、麦、蕎麦、黒糖・・等、焼酎呑みながら旨いもの食べるのが、一日の締めくくりです。
後、カラオケもかなりのものだと自負(?)してます。
飲み屋の女の子を口説くのも大好きかも?!?!
最近天気さえ良ければ、もっぱら釣りに出掛けるので年中ガン黒(?)です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

低リスク・高配当(年36%)の究極の投資案件
最近、ある富裕層の方から得た非常に魅力的な配当型投資案件を改めてご紹介します。
★やはり富裕層の方たちの中だけで、密かにこの様な”美味しい”資産運用手法が共有され、”お金持ちは益々お金持ちに成っていく”の構図が今現在も存在してる事を自分自身再認識出来ました。

★☆低リスク・高配当(年36%予定)のポンド型外為ファンド☆★
≪募集内容≫
1)募集概要:2007年6月30日に告知
2)募集単位:一口 100万円
3)募集期間:2007年7月2日~2007年7月31日
4)運用期間:2年間
5)配当率:年36%(月々3%)予定

★因みに募集枠は49名までに成ります。(匿名組合扱い)
★以降は通常の配当率(年24%・月2%)と成りますのでご注意

組合組成は、ディーモードジャパン株式会社(URL:http://www.exchange-plus.jp/ )で、HP上に記載有る様に、通常の配当率は年24%で今月内に弊社紹介の方に限り、配当率を1.5倍(年36%)にさせて頂いてます。

又、実際に運用される担当者プロフィールは下記に記載が有ります。
http://www.exchange-plus.jp/m1_2.html

彼は京都大学→北海道大学という学歴を持ち、後に大手保険会社で国内の株式調査運用を担当され、同時にその間外国為替運用係数動態理論の研究も行なった後に独立され最終的に外国為替証拠金取引運用の専門家(プロ)として活躍されている。
又、現在複数の投資顧問より外国為替証拠金取引の運用を任され、直近18ヶ月で月平均+17.8%の運用実績を上げる。
★特技の中には空手4段とあり、正に文武両道の頼もしい運用担当者。(空手は極真空手と事)

ここで、最近盛んに成っている不動産投資による運用と資産運用効果の比較をしてみたい。

比較的手軽な都内のワンルームマンションオーナーの場合、通常の配当比率は平均で年7%~9%程度で、実際には利益からマンションのメンテナンス費用(修繕費)を差引く必要があるので、実質年利はぜいぜい5.5~7.5%程度と考えられる。

更に、ワンルームなどの小型不動産物件であっても取得費用として最低1000万円(通常1500万円)が必要となり多くの方が借り入れまでして取得し家賃収入を得ている様である。(益々利益率が減る事に)
それに対して、今回の外為ファンドの場合、一口100から投資出来る手軽さがあり、しかも年利で36%(月利3%)の高配当で税の源泉(20%)を考慮しても、年28万8千円(月2.4万)となり、不動産投資とは比較にならない明らかに有利な資産運用効果が認められる。

≪シュミレーション例≫
出資金  月額配当 年間配当  源泉徴収税額 税引後配当
100万円  3万円   36万円   7.2万円    28.8万円
500万円  15万円  180万円    36万円    144万円
1000万円  30万円  360万円    72万円    288万円
5000万円 150万円  1800万円   360万円   1440万円 
★上表は年利36%(予定)にて試算したもの

この様に例えば出資金額500万円の場合、月々の実質配当で12万、出資金1000万円なら月々24万、更に出資金5000万だとすると月々120万円の実質配当(予定)が受取れる為、非常に効率良い資産運用手段と思われる。

最近は各銀行や証券会社で定期預金や個人向け国際などの金融商品が積極的に宣伝されてるが、それらの殆どは年利1%や数%のものであり、正直、その資産増大効果は非常に少ないと言わざるを得ない。

そこで是非この機会に多くの方にこのファンドを有効活用して自己資産の増大を実践(&実感)して頂けたらと考えている。
興味ある方は、下記サイトより『年利36%ファンドの詳細希望』として問合せ下さい。
http://mariop.co.jp/ 
安全・低リスク・高利率のファンド見つけました!
最近ある知り合いの方から、安全・低リスクで尚且つ高利率の期待できるファンドを紹介され、是非多くの方にご紹介したいと思っている。

そのファンドはポンドー円での為替証拠金取引で運用し、そこで得られた利益より出資者に対して毎月の配当が行なわれるもの。

★リスクヘッジとしては、お預かりした運用資金に対し運用する割合を30%程度に抑え、レバレッヂも最高100倍まで出来るところを10倍に抑えるなどして、1日に数回から数十回の売買の中で小さいながら確実に利ざやを取っていく典型的なプロの投資手法で行なわれる。
★又、ポンドにはスワップポイント(利息の様なもの)が付く点も有利に運用が出来る理由の一つ。

少しでも出資者への利益還元を高める為、通常年利24%(月2%)の所、弊社紹介の方に限り年利36%(月々3%)で対応しますので是非多くの方にお勧めしたい。
募集条件はは以下の通りです。

(募集概要)  6/30のセミナーにて告知。
(募集単位)  1口 100万円
(募集期間)  2007/7/2 ~ 2007/7/31
(運用期間)  2年間


因みに6月30日セミナーは下記参照の上、参加希望者は事前申込下さい。
 セミナーの概要: http://mariop.co.jp/topics/koryukai_20070317/


未公開株こぼれ話(何か変だよね?!)
今回は、最近の未公開株トラブルやバッシングに対して敢えて異論を唱えるべく本音でのお話を書いてみます。

昨年以降、新聞、TV、インターネットなどで、未公開株販売の悪質業者の問題が取り立たされています。

要するに、元々は商品先物取引やマネーゲームそしてネットワークビジネス等で大儲けしていた輩が次から次への未公開株の販売を悪質なやり方(”年内に上場するから必ず儲かる!”の様な非常識なセールストークでの電話営業して多数の投資家から大金を集めるも、結局は投資した先の企業が中々上場せず、実際には上場向けた計画すら無かったり…)で行った為、被害者からの届けが多く、金融庁や警察が動き出したと言うもの。

最近はインターネットで未公開株を検索すると、上位検索に掛かってくる記事の多くはバッシングや証券取引所や省庁からの注意を呼びかける記事であり、
完全に未公開株投資が悪者扱いにされ、当然投資家からも敬遠されて仕舞いました。

ただし本来の未公開株投資とは、立上げ間もないベンチャー企業が未だ決算が黒字化してない為、銀行借り入れも出来ず、その一方、企業の成長の為に旺盛な資金需要があるため、知人・友人・取引先など縁故に対し私募株(プライベートエクイティ)よる出資募集を行うことで、自社の事業拡大・成長に必要な資金を調達できる唯一の手段であり、ある意味”暖かい資金”で出資者の殆どは出資先ベンチャーを応援する意識が強いもの。

所が残念な事に悪徳な業者(ブローカー)は私募株の売買は原則的に相対取引であり価格(株価)を言い値(詰まり任意)で決める事が出来る点を悪用して不当に高い価格で販売したり、何時いつ必ず上場する等と言う”虚偽のIR情報”で内容を良く理解してない投資家に対して売り付けた事で社会的問題になり、現在、未公開株投資その物が白い目で観られてるのが残念です。

確かに未公開株投資は之から成長するベンチャーに投資する性質のモノですので当然ハイリスクですが、反面大きな利益が得られる高いハイリターンの性質も持ち合せます。

結局、信頼できるルート(適正な価格で出資募集してる。出資先ベンチャー了承の上での出資募集である。出資後は定期的にIR情報が出されるなどアフターフォローも出来てる。)での投資でしかも事前に未公開株の知識(適正株価の見積もり方、株式公開までのプロセス、投資先企業の選定のコツ…)を得たうえでの投資であればリスクも軽減できますし、また株式公開が実現すれば大きな利益(キャピタルゲイン)が得られるはずです。

こうした観点から、弊社の場合は事前に十分審査した生抜きの有望ベンチャー限定で資金調達支援の為、コンサルティング契約を行った後に出資募集をお手伝いをさせて頂き、通常なら一般投資家には先ず知り合うことすら出来ない様な優れたビジネスモデル・高い収益性・高い成長性を兼ね備えた有望ベンチャー企業へ出資するチャンスを提供させて頂いてます。
http://mariop.co.jp/invest/

ですから是非安心され、弊社支援先のベンチャー企業に注目して頂き、機会あれば出資も検討下されば幸いです。

投資家の皆さんがベンチャー投資に必要な知識を理解され、有望ベンチャー企業の事業内容を十分理解・検討できる場として定期的な交流会(ベンチャー企業vs投資家マッチング交流会)を開催しております。
今月は4月22日(日)に開催します。
http://mariop.co.jp/topics/koryukai_20070317/

是非多く投資家の参加を心よりお待ちして居ります。

本当に夢ある投資をしませんか?
★昨年のゴールデンウィーク明けに起きた株式大暴落以降、日経平均が
不安定で大きく上昇・下落を繰り返す中では安定的な利益確保は困難な状況。

☆昨年のライブドア事件や各種監査法人による粉飾決算への加担など
がクローズアップされ最近の新興市場は冷え切りIPOの倍率も低迷。
(運良く抽選で当っても、公募割れする可能性あり。)

★最近はFX投資が注目されてますが高度な知識や技術が必要であり、又、長時間パソコンに張り付きのスタイルでは一般投資家は不向き。

☆そこでもっと時間的制約が無く高い技術も要求されず、且つ夢のある投資手法は無いものだろうか?

★そこでお勧めするのが有望ベンチャー企業に早期から投資する裏技!
http://mariop.co.jp/

☆如何なる投資も結果を出す為には最低限の知識を得る勉強が必要。
そこで勉強会&交流会を毎月開催。
(参加無料なので、どしどしお申込み下さい。)
http://mariop.co.jp/topics/koryukai_20070317/

3月交流会で期待のバイオベンチャープレゼン
3月17日(土)のベンチャー企業vs投資家交流会の場で弊社支援中の有望バイオベンチャーB社がプレゼンを行うことに成りました!
B社の概要は下記からアクセスしてご覧下さい。
http://mariop.co.jp/invest/

同社は此処に来て具体的な新規販路が見えてきたとの話で、今回のプレゼンでは、今年度の売り上げ計画 来年再来年までの計画数値の提示、販売の具体的計画、販路等を説明されるとの事ですのでご期待下さい
★可也具体的な動きが出てきましたので非常に期待大!!
★又、今回は限定数ですが株の追加割当も実施するそうですので、興味ある方は是非ご参集下さい。
★B社株は弊社支援中ベンチャーの中でも屈指の大化け性を秘めた興味深い投資案件と言えます。

之により3月17日(土)交流会でのプレゼン企業は、環境改善ベンチャー(S社)とバイオベンチャー(B社)の2社になり盛り沢山の内容です。

交流会参加には予約が必要です。お手数ですが3月15日(木)までに事前申込みをお願い致します。
参加申込み先: http://mariop.co.jp/topics/koryukai_20070317/


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。